二之沢病院における腹水濾過濃縮再静注法 

腹水濾過濃縮再静注法(CART)とは

腹水(ふくすい)濾過(ろか)濃縮(のうしゅく)再静注法(さいじょうちゅうほう)とは、腹水(または胸水)を抜き、抜いた水に処理を行い、必要な成分を身体に戻す治療法です。英語ではCell-free and Concentrated Ascites Reinfusion Therapyといい、CART(カート)と略されます。

 

目的

肝硬変、感染症、悪性腫瘍など様々な病気により腹水(または胸水)が貯まることがあります。お腹に多くの水が貯まるとお腹が張って苦しくなります。胸に水がたまると肺に空気が入りにくくなり、息苦しくなることがあります。


水を抜けば苦痛は減りますが、水のなかには血液中から漏れ出たタンパク質(アルブミン)など身体に必要な成分が含まれているため、これを失うことにもなります。水を抜くたびに急激に衰弱が進むことを懸念し、水を抜くことを躊躇(ちゅうちょ)する医師もいます。

腹水濾過濃縮再静注法(CART)は腹水をただ除去するだけでなく、除去した水を濾過・濃縮し、必要な成分を点滴として身体に戻す治療法です。


この治療により、お腹の張りや息苦しさといった苦痛が改善されるとともに栄養状態の維持が期待されます。


方法

@お腹に針を刺して水を抜きます。

超音波で安全に刺せる部位を確認します。局所麻酔をした後、お腹に針を刺して貯まった腹水を抜きます。胸水の場合は胸に針を刺して貯まった胸水を抜きます。

 

A腹水を濾過・濃縮し、必要な成分(アルブミン)を抽出します。

2つの筒状の器具(カラム)を用い、腹水の処理を行います。1つ目のカラムに腹水を通し細菌やがん細胞を取り除きます。その後、2つ目のカラムに通し、余分な水分を取り除き濃縮します。

 

B必要な成分(アルブミン)を点滴として身体に戻します。

 

合併症

腹水(または胸水)を抜く際の合併症として下記のものが挙げられます。

・局所麻酔薬のアレルギー      ・出血、血腫

・感染                   ・血圧の低下、ショック

・腸管や肺の損傷

以上のような報告がありますが、いずれも頻度は低いです。当然、これらの合併症が生じないよう細心の注意を払い処置を行います。ただ、十分に注意しても合併症が起きることがあります。ご理解下さい。

 

また、頻度は不明ですが、濾過・濃縮した成分を点滴する際に、発熱、悪寒、頭痛、血圧の変動、嘔気、呼吸困難、ショックなどが起きたという報告があります。当院ではこのような症状を防ぐために点滴前に予防薬の投与を行っています。

 

治療日数

すでに入院中の方がCARTを行う場合、お身体の状態(腹水の量、性状)にもよりますが、12日を要します。

CARTを目的とする入院の場合、安全に行うための事前の検査もありますので、少なくとも23日の入院をお勧めしています。

お身体の状況により対応が異なる場合がありますので、詳しくはお問い合わせ下さい。ちなみに保険の関係上、CARTが行えるのは2週間に1度のみです。

 

CARTが難しいケース

以下のような場合はCARTができないことがあります。

・血圧が低いなど身体の状態が不安定

・血が止まりにくい

・黄疸が強い

・血性腹水(腹水中の血液の混じりが多い)

・肝性脳症(血液中のアンモニアが多くボーっとしているなど)

 

費用について

CARTは保険適応の治療です。詳しい費用については、お手数ですがお問い合わせ頂けますと幸いです。お気軽にご相談下さい。

 



二之沢病院

群馬県高崎市足門町142-1

TEL027-373-2215

FAX027-372-5130