TOPアミノインデックス

  少ない採血で がんを発見! 「アミノインデックス検査」
当院で検査できます。
 
  アミノインデックス検査とは。
  アミノインデックスは、血液中のアミノ酸濃度のバランスから、現在の健康状態や
  病気の可能性を明らかにする検査です。
 
  人の体は約60%が水分で、約20%がたんぱく質でできています。人
 の 体を構成しているたんぱく質は、20%がアミノ酸でできています。
 健康なとき、アミノ酸は体の中で正確に制御されていますが、がんに
 かかっているときはアミノ酸のバランスが崩れています。健康な人と
 がんの人のアミノ酸バランスを統計的に調べて解析することで、早期
 のがんでも発見できることがわかってきました。
 アミノインデックスはこの原理を利用して、がんに罹患している可能性
 (リスク)を評価する新しい検査です。
 
  当院では、一度の採血で複数(男性5種・女性6種)のがんを同時に検査できます。
 早期のがんにも対応しています。
 
 健康診断と一緒に検査することもできますし、外来診察時に単独で検査
 することも可能です。 検査は、採血(5ml)でできますが、食事
 制限(検査前8時間)や、検査に影響のある薬に
 ついては、休薬が必要です。
 
 アミノインデックスの対象となるがん
 
 男性AICS(5種)  胃がん・肺がん・大腸がん・すい臓がん・前立腺がん 
 女性AICS(6種)   胃がん・肺がん・大腸がん・すい臓がん・乳がん
 子宮がん/卵巣がん 
 *子宮がん/卵巣がんは 子宮体がん、子宮頸がん、卵巣がんのいずれか
 のがんであることについて評価することはできますが、それぞれのがん
 のリスクについて判別することはできません。
 
 検査の対象とならない人
 
 対象のがん 対象年齢 
 胃がん・肺がん・大腸がん・すい臓がん・乳がん  25歳〜90歳 
 前立腺がん  40歳〜90歳 
 子宮がん・卵巣がん  20歳〜80歳 
 
  検査結果の解釈
 
  AICSはそれぞれのがんについて、現在がんである確立を0.0〜10.0の
 数値(AISC値)で報告します。リスクの傾向は数値が高いほど、がんであ
 る確立が高くなります。
 
  また、このAICS値からリスクを判断する目安として「ランクA」「ランクB」
 「ランクC」に分類され、がんであるリスク傾向が3段階で示されます。
 「ランクA」よりも「ランクB」、「ランクB」よりも「ランクC」ががんであるリスクが
 高いという評価になります。
 
 AICSは、血液中のアミノ酸濃度バランスを解析することによって、現在がん
 であるリスクを評価するものであり、生涯に渡ってのリスクを評価するもの
 ではありません。
 がんの有無を直接調べる検査ではありませんので、検査結果区分が
 「ランクA」であってもがんでないとはいいきれません。
 
 この検査のおすすめポイント
 □ 検査が採血だけですむ

 □ 複数のがんを同時に検査できる

 □ 早期のがんにも対応している

 □ 発見が難しい肺がんやすい臓がんの検査ができる 
 
  検査料金
 診察・検査にかかる費用は、 25,000円(税込み) です。
 保険適用外の検査となっております。 
 
 検査について詳しくお聞きになりたい方は、当院受付にてお申しでいただきますと、
 医師・看護師・検査技師がご説明いたします。